アクセス解析
レンタル掲示板
富士スピードウェイ | Amazones's Diary
2018.06.26 Tuesday
ハンマーレーシング疾風(ハヤテ)FSWデビュー

久々の日記です。

そして久々に富士に行ってきました!

あまりにも久しぶりなので記憶を辿ってみたら、9か月ぶりでした。

そして『ハンマーレーシング疾風(ハヤテ)』

ついにFSWデビュ〜です♪

…………………………………………

デビューから1か月以上経過しているのに、いまだに写真付きで紹介出来ないのは何故か?

単にカラーリングがまだ完成していないからである。

カラーリングが完成したら、マシン制作過程も含めてじっくり紹介したいものだが

いつになることやら・・・・

…………………………………………

FSWデビュー走行1本目

 

前日夜筑波ガレージでギア交換作業、その他メンテを行い、

荷物やマシンをトラックに積み込んだ時にはすでに空が明るくなっていた。

到着時間が遅くなってしまったため、準備に追われたものの、何とか間に合いそう。

暖機のためエンジンをかけようとすると

セル回らず・・・。

…………………………………………

前回の茂木戦の前からセルモーターの調子が悪く、応急処置で過ごしてきた。

部品は注文してあるものの今回は間に合わず、とりあえず応急処置のまま

まだ持ちこたえてくれるだろうと思っていたのだが、ついに力尽きたか・・・?

…………………………………………

カウリングを外し、色々試してようやく回るようになった頃には

すでに走行開始後半分を経過していたため走行を断念。

2本目走行に向け準備をしてしばし休憩。

〈phot by Mr.soga〉

 

2本目

10分前頃に再びエンジンをかけようとしたが

またセル回らず・・・。

押がけするしかないな・・・・」とハンマー

一緒に押して飛び乗ってください・・・・」とアマゾネス

…………………………………………

このでっかいマシンを一人で押せと・・・・?

このか細い(?)腕1本(一応2本あるか)で・・・・?

何かのジョーダンでしょ・・・・?

 …………………………………………

結局冗談ではなく、飛び乗れるわけもなく アマゾネス1人でハンマーが乗ったマシンを押してみる事に。

〈phot by Mr.soga〉

何度か押してようやくかかったのだが、ヘルメットをかぶるため停まった所でエンジンも止まった・・・。

 

気を取り直して・・・・。

身支度を整え、ベルトも締めてから再び押がけ!

すでに力尽きていたアマゾネス。

エンジンがかかると共にその場に倒れこんだ。

(単に『転んだ』とも言う)

 

絶対に止めるなよ〜

心の中で叫びつつコースの中へ消えていく『疾風』を見送った。

〈phot by Mr.soga〉

 

こうして無事FSWデビューを果たした『疾風』

菅生でのデビュー戦以降もマシントラブルが続き、『走らせる』事が精いっぱいで

中々セッティングまで頭が回らない状態であった。

無事に走れるとなると、今度はセッティングをどうするか? と言う話になってくる。

…………………………………………

今日あともう1本走行があるのだが・・・・。

セルが回らない状態でもう1本走るのか?

また押がけするのか・・・?

果たして再びあのマシンを押す力がアマゾネスに残っているのか・・・?

…………………………………………

不安な気持ちのまま、セッティングに悩んでいるハンマーを見つめているアマゾネスであった。

 

本日最後の走行

身支度を整えコクピットに納まるハンマー

押す力は残っているか?大丈夫か?」自問自答しながらベルトを締めるアマゾネス。

何気なくスターターボタンを押してみるハンマー。

なんと!

1発でエンジン始動!!

天は我を見放さなかった〜!!

 

〈phot by Mr.soga〉

 

その後順調に周回を重ねていたが

チェッカーを受ける直前に戻って来たハンマー。

何かトラブルでも?

コクピットをのぞき込むと シフトレバーがスカスカ・・・

ワイヤーが切れたか?と思ったら、

シフトレバーの手前でワイヤーを固定しているステーが割れていた。

 

こうしてなんとか3本中2本の走行を終え帰路に付いた。

そう言えば昨夜は寝ていなかったのだが

ほとんど渋滞なかったため、スムースに筑波ガレージに辿り着いた。

マシンをガレージに入れ、今度こそ帰路に就く。

 

帰宅後、押がけの際に転んで打った膝が痛いと訴えるアマゾネスに

そっか〜 転んじゃったか〜( i_i)\(^_^ ) ナデナデ 

カートからやり直すか〜

・・・・・

それって「押がけ」の練習しろっ!て事かな?

| amazones | 富士スピードウェイ | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
2015.06.20 Saturday
☆富士チャンピオンレース FCR-F開幕戦☆
昨年の富士チャンピオンレース最終戦から組み込まれた
『FCR-F(F4アルミクラス)』とは・・・?
参加できる車両は
・アルミモノコック限定のF4
・シーケンシャルミッションの装着は禁止(Hパターンシフトのみ)
と言う、新しいクラスである。
このクラスのレースが、今後どのようになって行くのかはまだ不明だが
今年は全3戦行われる。


そしていよいよ2015年開幕戦♪
ヘルメットのカラーリングも数日前に完成♪
マシンのカラーリングも前日にはとりあえず(?)完成♪

とりあえず・・・と言いながらも
今シーズンはこのまま行く可能性大・・・。

AM8:50予選開始
普段なら、まだ頭の中は眠っているアマゾネスだが
ピットロードへ向かうハンマーを見送ると
すぐにピットビルの4階まで一気に階段を駆け登った。



さらに電光掲示板が見える位置まで駆け寄っていくと
電光掲示板の一番上に『19』の数字が表れた!
予選時間は20分間。
長かったような、短かったような・・・。
チェッカーが降られる数周前にハンマー号はピットへ戻って来ていたが
結局最後まで電光掲示板に表示されている番号を確認せずにはいられなかった。

チェッカーが降られ、全車が通り過ぎるまで確認すると
今度は一気に1階まで階段を駆け下りる。
数週前にガス欠のため戻って来ていたハンマーは
すでにマシンから降りていた。
なんども画面に映し出されているタイム表を見て
他のドライバーの順位やタイム差を確認した。
『ポールポジション』
もう今日はこれで十分だと思えるほど嬉しかった。

そう・・・ここまではカンペキだったのである。

PM12:00 決勝スタート


スターティンググリッドの1番前に並んだハンマー号を確認すると
再びピットビルの4階まで一気に階段を駆け登った。
ウォーミングアップを終え再びグリッド上に全車が揃った。
レッドランプ点灯中に、ほんのわずか・・・
ハンマー号が動いた・・・。
あっ…と思ったものの、しっかりと止まり、その後ブラックアウト。

少し遅れたハンマーは2位のマシンに1コーナーでホールショットを奪われたが
Aコーナーまでにはトップを取り戻していた。
その後、大ベテランドライバーのマシン『72』にトップを奪われるが
決して遅れは取らずしっかりと付いて行き、
2周目から数周にわたって激しいバトルを繰り広げていた。

カメラマンが下手くそなため、スピード感が感じられないが
この時点で時速230卅宛紊廼遒曳瓦韻討い襦
ちょうどその辺り・・・
スリップストリーム合戦の最中に出されている
『ドライブスルーペナルティ』のサイン・・・。
素人目には見落としてしまうのも無理はないとも思える・・・。
が、ルールはルールである。
もう1周早く気が付いてピットに入っていれば良かったのだが
遅かった・・・・。

わずか7周でハンマーの開幕戦は終了した・・・。

その後、独走かと思われた72号車は
エンジン&ミッショントラブルのため、徐々に順位を下げて行く事になった。

残念な結果とはなってしまったが
とても良い経験が出来た開幕戦であった。
次回第2戦は8月末。
それまでの課題は・・・・。
スタート練習?!
| amazones | 富士スピードウェイ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |